今回は漫画『U12』1巻のネタバレと感想をご紹介します。

少女vsロリコンの戦いが始まるよ!

U12(1) (アフタヌーンKC)

あらすじ

少女が目を覚ますと、そこには自分以外に12人の少女と見知らぬ部屋に。そこにやってきた男に突然「人権の停止」を告げられます。

 

わけもわからず、閉じ込められながらも少しずつ仲良くなっていく少女達。そんなある日「おたのしみ会」が始まる。

幼い少年少女を狙った異常犯罪者が収容された監獄に少女達は閉じ込められる。その犯罪者を満足させる事が少女達の役目だった。お楽しみ会では、犯罪者の中から1人が解放される。せまい監獄の中30分逃げ切れば「おたのしみ会」は終了。その30分は何が有っても不問。

はじめてのお楽しみ会

とまどう少女達のなかで、1人だけ逃げ出そうとする少女。この少女は1人だけ他の少女とは違い、以前から閉じ込められていたようだ。新しい少女達がきたのに何故解放されないのかと訴えるも、聞き入れられなかった。

犯罪者が解放され、一斉に逃げる少女達。しかし先ほどの少女は足を痛めてしまい走れない。主人公の1人、琴美の足をつかみ助けを求めるが日向に手をひかれふりきる。後ろでは少女の叫び声が聞こえる・・・1度は隠れるも、琴美は助けに向かう事に。しかし底には犯罪者と無惨な少女の姿が。

恐怖に震えながらも逃げる琴美。あっけなく捕まってしまい、他の少女達は助けにきてくれない・・・そんなとき琴美と一緒に捕まった少女「かなめ」が現れる。かなめは尖ったリコーダーを犯罪者の背後から突き刺し、殺害した。「ロリコンは人間じゃないから殺しちゃっていいの」

まだまだ続くお楽しみ会

最初のお楽しみ会を生き残った12人。少女達が解放されるには後11人の犯罪者を満足させなければいけない。全員が逃げてしまえばその会は無効、しかし犯罪者を殺した場合は別。少女達は犯罪者に嬲られるか犯罪者を殺すかしなければならない。

1巻では2人同時に放たれたお楽しみ会に加え、脱獄囚に狙われる少女達。さらにこの理不尽な法律の謎を解こうとする。

 

感想

バトルロワイヤルやリアル鬼ごっこのような理不尽ルール。いろんな変態パターンのロリコンが出てきますが、ネタ切れにならないか心配。

琴美をひたすら守ろうとする、かなめ。ちょっと悪魔のリドルを思い出しました。琴美はみんなで助かろう!とするいい子ですが、琴美を守りたいかなめは苦労しそうです。