【ネタバレ】プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 4話あらすじ

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 4話のあらすじと感想です。

ネタバレにご注意ください。

プリティーリトルライアーズ シーズン7ネタバレ感想一覧

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 4話のあらすじ

エリオットを殺してしまったライアーズたちは、穴を掘りエリオットを埋める。アリソンはエリオットの死体からIDのようなものを取り外す。

ライアーズとアリソンはハンナが運転していたルーカスの車を置き去りに、エリオットの車で街へ戻る。

エリオットの所持品などを処分することに翻弄する。

アリソンをこっそり病院に送って行ったアリアは、シャーロットが死んだ夜のことをアリソンに尋ねた。アリソンは抜け出して行ったシャーロットを教会まで追いかけたが、エリオットのことで責められ、シャーロットを残して教会を去ったと話す。

ケイレブはスペンサーとよりを戻そうとするが、スペンサーは突き放し、ケイレブは去ってしまう。

ハンナとアリアは、事故現場に再び戻り、ルーカスの車を燃やし証拠隠滅を図るが車が見つからない。焦る2人の前に、車に乗ったモナが現れる。

モナは、森に置き去りにされたフロントガラスが割れ、血だらけの車を見てライアーズたちの状況を察していた。車は追求されない修理屋でモナが修理をしてくれた。

モナはエリオットの使い捨て携帯があったか2人に聞く。エリオットの協力者を確定するためにも携帯を探すことに。

ジェンナがローズウッドに。

トビーは、エリオットは15年前に72歳で死んでいたことに気づく。警察ではエリオットの失踪は詐欺がばれたためと処理されることに。

ハンナは、エリオットの車にブレスレッドを落としてきてしまったことに気づく。モナとエリオットの車を探りに行くと携帯電話を発見する。着信している携帯電話の通話ボタンを押すと、通話相手はなんとジェンナだった。

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 4話の感想

ついにジェンナが再登場!しかもエリオットとコンタクトを取っていた。

これからジェンナがどう関わっていくのか楽しみです。