アニメ ダンガンロンパ3のキャラクター「月光ヶ原美彩」今までCVが不明だったり、何期生なのかもわからず、さらに2で登場していたaiウサミを操ることなどから、正体不明感満載でしたが、今週の7話でついに・・・

月光ヶ原、実はどこかである少女が操作していたことが判明。

その少女は・・・

絶望少女に出てきた「モナカ」!

そのモナカの正体について、記事をまとめました。

絶望少女のネタバレになりますのでご注意ください。

月光ヶ原=モナカ?モナカの正体は?

月光ヶ原を操作していた緑の髪の少女の正体は

絶望少女に出てきた「モナカ」でした。

モナカの本名は塔和モナカ

塔和シティと云う街を総ている塔和グループの会長の愛人の娘です。

愛人の娘であることから父親からも兄からも疎まれていたモナカ。ですが、とても頭が良く、塔和グループでのマシン製造に貢献していたり、希望ヶ峰高校付属小学校「超小学生級の学活の時間」と呼ばれていました。

希望ヶ峰高校付属小学校は、必ず希望ヶ峰高校に入学できる学校ではないが、優秀な生徒が多く、希望ヶ峰高校に入る生徒も多く輩出している小学校とのことです。

モナカは希望ヶ峰高校付属小学校で、江ノ島盾子に出会い魅入られていきます。

塔和グループはモナカ主導のもと、モノクマの製造や、空気汚染する機会などを作り江ノ島盾子に陰ながら協力していました。

絶望少女でのモナカとその後

絶望少女でモナカは、4にんの希望ヶ峰高校付属小学校のクラスメイトと、「希望の戦士」として子供達の楽園を作ることを目指し、塔和シティの大人達に大量の殺人モノクマを差し向けます。

しかしモナカの本当の目的は、ダンガンロンパ1で殺されてしまった江ノ島盾子の代わりに世界を絶望させ、さらに2代目江ノ島盾子を誕生させることでした。

モナカは、苗木誠の妹「苗木こまる」を絶望させ、2代目江ノ島盾子として担ぎ上げようとしたのですが失敗してしまいます。

絶望少女のラスボス戦で、崩れた建物に挟まってしまうモナカ。仲間だった希望の戦士も兄も助けてくれず死を覚悟しますが、召使いとして希望の戦士たちの元で暗躍していた「狛枝凪斗」に助けられます。

狛枝に自分で2代目江ノ島盾子になればいいと勧められたモナカは、自らが2代目江ノ島盾子となることを目指すことに。

 

以上が絶望少女でのモナカの動きです。

月光ヶ原=モナカで決定だとしたら、月光ヶ原が裏切り者なのでしょうか?

絶望少女の最後に一緒にいた狛枝はダンロン2までには未来機関につかまっています。もしかしたらモナカも捕まっていて未来機関に協力しているなんてこともあるかも??

江ノ島盾子風の格好をしているので可能性は低そうですが、まだ4話目ですし裏切り者ではないんじゃないかと思います。