【ネタバレ】キンプラ あらすじ・感想 KING OF PRISM -PRIDE the HERO-

KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 略して「キンプラ」の感想です。もはやネタバレなんて気にならないレベルの作品ですが、あらすじについても書いておりますのでご注意ください。

KING OF PRISM -PRIDE the HERO- 略して「キンプラ」の感想です。

多少のネタバレはあるので、お気をつけください。

キンプラ あらすじ

プリズムキングを決めるための大会「プリズムキングカップ」を控えたヒロに悲劇が襲います。

エーデルローズの負債のため、大切な持ち歌「pride」の権利をシュワルツローズに奪われてしまいます。

さらに追い打ちをかけるように、エーデルローズやヒロのネガキャン記事なども出回り、コウジがシュワルツローズに移籍か?!という報道まで出てしまいます。

ショックを受け、練習にも参加しないヒロ。1人コウジ似合いにハリウッドへ向かいますが、ヒロにそんなことで会いに来たのか・・・と冷たく当たります。

一方日本では、

聖とジュネの元にジンが現れ、ジュネを自分の元に誘います。その誘いに乗り聖の元をさるジュネ。

再び、ルヰと出会ったシン。ルヰはシンのことを、この世界を滅ぼそうとした悪魔だと告げます。驚くシンに冗談だと告げ、プリズムショーをしようと誘うルヰ。

2人はプリズムしょーを踊り始めますが、ルヰh「囁きのルナミスあティックヘヴン」と唱えながらシンの首裏のアザを貫きます・・・

という夢を見たシン。ところがその時からプリズムジャンプが飛べなくなってしまいます。

プリズムキングカップ出場者決定

エーデルローズからプリズムキングカップへ出場するメンバーが決定します。

「ヒロ」「タイガ」そしてユキノジョウの名前が呼ばれますが辞退し、「シン」の出場が決まります。

それでも練習に参加しないヒロ。プリズムショーを辞めるのかと心配する母。ヒロを叩く記事にはヒロの父親が誰かわからないこともネタになっていました。ヒロに謝りつつも今は言えないが、あなたのお父さんとは愛し合っていた、と母は告げます。

ボロアパートでぼんやり過ごすヒロの元、聖が訪れます。怪我をしてプリズムしょーのできなくなった自分の代わりにジンの目を覚まさせて欲しい・・・

りんごと・・・はちみつ

練習に戻ってきたヒロでしたが、長らく練習をサボっていたのか、調子はいまいち。落ち込むヒロでしたが、ミナトの差し出したカレーを口にし、「これはリンゴとはちみつ?!」思い出の味にヒロは気力を取り戻し、大会に向けやる気を取り戻します。

カヅキさんは

エーデルローズを去ったカヅキでしたが、プリズムキングを目指し、DJCOOの元を訪れます。弟子入りを断られますが、Cooの昔の話を聞きストリート系として、フリーダムなショーをより鍛えるべく、滝うち修行によりパフォーマンスを鍛えます。

プリズムキングカップ

いよいよ始まった、プリズムキングカップ。審査員と観客により点数がつきますが審査員や観客の一部はシュワルツローズの手の物。

シュワルツローズ所属の高田馬場ジョージはパフォーマンス以上の点数を獲得し一位に。

そんな中、アレクサンダーの登場です。

アレクサンダーは愚民どもに生ぬるくないプリズムショーを見せてくれますが、

会場を破壊。観客たちも危険に・・・カヅキに出てくるよう煽りますが、カヅキを静止し、タイガがアレクを止めるべくプリズムバトルを開始します。アレクに勝ち暴走を止めるもアレク・タイガはともに失格。さらに会場が壊れたことにより大会の続行は不可能。

現時点での1位・高田馬場ジョージが優勝で大会は終了か?

そこにカヅキが自分にショーをやらせて欲しいと名乗り出ます。

カヅキのフリーダムなショーにより、ステージも復活。大会の続行ができることになるも、カヅキは失格。憤るタイガにストリート系は数字では表せないと決めるカヅキ。アレクとタイガはカヅキへのリスペクトが深まります。カヅキはヒロへ思いを託します。

続行が決まり、シンのパフォーマンス。

プリズムジャンプが飛べるか不安を残す中、舞台袖より見守るルヰ。

ルヰがピアスを外すと、シンの首の裏に三日月の傷跡が現れ、プリズムジャンプも飛べるように。3連続のプリズムジャンプを成功させたシン。しかし審査員の点数が悪く高田馬場ジョージに点数は及ばす。

続くルヰのショー。ルヰはプライドは使わずにプリズムショーを行いました。男子史上初の4度のプリズムジャンプを決め、満点を出すルヰ。

ルヰのパフォーマンスにグロリアスシュバルツモードの会場。ステージへ向かうヒロは、ルヰになぜprideを使わなかったのか聞きます。

「自分がいいパフォーマンスをできるように」

そう言ったルヰ。

その言葉を受けてかヒロは失格覚悟でprideでのパフォーマンスを開始します。

プリズムの輝きによりコウジとカヅキの召喚・地球を黄色く染め、ナウシカのごとく黄金に輝く会場に降臨したヒロ。ヒロのプリズムショーに買収されていた審査員や観客もひれ伏します。ついにはジンまでヒロのプリズムの輝きに膝を吐くレベル。点数はルヰと同じ満点に。

カケルの暗躍により、エーデルローズの負債も払われ、pride使用による失格もなし。

晴れてヒロがキングの座に。

ハリウッドでの仕事を終えたコウジも駆けつけており、カヅキと3人オバレも復活。

ジュネはルヰのショーを見て記憶を取り戻したようで、聖の元へ駆けつけます。一方絶望するジンに自分はそばにいると慰めるルヰ。その視線の先にはシンが。

キングのカップを掲げるヒロ。

「アイアム キング オブ プリズム!!」

そしてオバレの3人はエーデルローズ卒業へ・・・

以上キンプラのあらすじです。細かいセリフや時系列はうろ覚えですが。

あらすじ書いてても何書いてるのか正直よくわからないwという部分もありましたww

キンプラ感想

相変わらずカオスなキンプラ。

前作のキンプリでは、プリティーリズムを見ていなくても楽しめましたが、

今作ではプリリズを見ていないと、わからない部分も・・・

キンプリ

とりあえず印象的な部分を

・コウジにあいに行くも、ボコボコにされるヒロ様

・カヅキさんの、地下プリズムバトルからの滝行(ふんどし愛用)

・出場者はシン・ヒロ・タイガ 投票2位だったったカケルは??

・カレーの隠し味はりんごとはちみつ

・パフォーマンスで会場を壊すアレク。それをパフォーマンスでなおすカヅキ

・タイガはうちわでわっしょいw

・地球は黄色かった・・・

うん、こんな感じでした。

ヤンホモや顔芸でいじられていたヒロ様がついにキングに上り詰めたのは感動ですね。

オバレ周りは綺麗に終わり、今回で完結なのでしょうか。

キンプリシリーズの続編は?キンプラを考察しながら続編の可能性を考える。

新入生たちメインで続きがあると嬉しいですね!

オバレの結成までが見れるプリティーリズムの動画はこちらの動画サイト「dアニメストア」がオススメです。

月400円でアニメ見放題、初回は31日間無料で視聴可能です。アニメ好きにはベストな動画配信サイトだと思っています♪