プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 11〜19話

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 11〜19話のネタバレです

メモ程度です・・・

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 11〜19話

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 11〜19話のネタバレメモです。まとめているので時系列はバラバラです。

最終回に向けて慌てて復習しました。

プリティ・リトル・ライアーズ シーズン7 11〜19話 あらすじ箇条書き

・腕を撃たれたスペンサーでしたが、腕は回復へ向かう。ジェンナとメアリーは行方不明。スペンサーの撃たれた銃がジェンナの持っていたものとは違うことを警察より告げられる。

・スペンサーは自分とメアリーのことを探る、スペンサー母を問い詰めるとメアリーが自分の母親ということは真実だった。

・メアリーは姉ジェシカとヘイスティングス夫妻への憎しみから、スペンサー父にジェシカのふりをして近づき、結果スペンサーを妊娠。その子は生まれてすぐヘイスティングス家の養子となった。このことをメリッサは知らない。

・ジェシカを殺したのはメアリー。

・ローズウットを婚約者とともに去ろうとしていたトビーだが、車で事故を起こしてしまう。婚約者イボンヌは意識不明の重症、一時は目を冷ますが病室で2人きりで結婚式を行いそのままイボンヌは亡くなってしまう。

・ADはスマホと連動したボードゲームを送りつけてきた。ゲームはライアーズ達に指示を出してくる。指示の何度はそれぞれだが、ライアーズ達は振り回される。

・ハンナはそのゲームにより、仕事を失敗。ブランドを出すこともダメになってしまう。

 

・アリアはADから裏切りを持ちかけられる。エズラに高校生時代に裏切られた時に出そうとしていた被害届をネタに脅され、友達を裏切る行為をしてしまい、一時期決別するが許してもらえる。

・チャールズの父親が、ハンナママの元恋人テッドであることが判明。テッドから、チャールズは子供の頃ルーカスと仲が良かったと聞かされる。

・ルーカスを怪しみ、部屋を探すとルーカスとチャールズが書いた復讐者の漫画が見つかる。しかしアリアによってADの元へ。

・ルーカスはライアーズ達に詰め寄られるが、自分はADでないと否定、ハンナはそれを信じる。

・アリソンのお腹の子の秘密がわかる。アリソンの子供は、盗まれたエミリーの卵子を使用されできた者だった。父親は不明。エリオットではない。

・自分の子供ならおろすつもりだったアリソンだが、最終的には生むことを決意

・エリオットが死んでいることに警察は気づき、次第にそうさの手はライアーズ達へ。どうにか捜査をかわそうとするも、死体も見つかりいよいよ捕まりそうになる。そこにメアリーが自首し、罪をかぶってくれることに。

・シャーロットを殺したのはほぼモナで決定か?

登場人物達のそれぞれ

アリアとエズラ

ニコルは生きていたが、エズラはアリアを選ぶ。しかし精神的にも不安定なニコルに真実をいうこともできず、ニコルの元を度々訪れ、アリアとの関係は悪化してしまう。

アリアと話し合い、ニコルの元へいくことはやめる。

ケイレブとハンナ

よりを戻してからは順調。

エリオットの件でハンナの逮捕を覚悟し、その前にと結婚をする。

スペンサー

刑事マイクとの仲は順調に進んでいったが、エリオットの件で容疑者になったスペンサーとはそのまま付き合えるはずもなく、破局。

イボンヌを失って悲しむトビーと再び関係を持つように。

エミリー・アリソン・ペイジ

事件でごたついている間にサブリナは街を去り、エミリーとは自然消滅。エミリーはローズウッド高校の水泳コーチ・ペイジは体育部の監督として同僚に。

同じくローズウッド高校で働くアリソンとペイジは険悪ムード。

ペイジとエミリーはよりを戻すが、その夜アリソンからお腹の子供が自分の盗まれた卵子で作られた子ということを知る。

悩んだ末にエミリーは子供を産んでほしいとアリソンに告げ、アリソンも生むことを決意。

そのことを聞いたペイジは、エミリーの元を去ることに。アリソンの元を訪れ、エミリーへの思いを後押しする。

アリソンは素直にエミリーを好きだということを認め、子供とエミリーと生きてくことを決める。

感想

イボンヌが可哀想すぎる・・・イボンヌ・・・

ついにハンナとケイレブが結婚してくれたのは嬉しい!本当よかった。

アリソンのお腹の子供の真実はゾッとしましたね。そしてエミリーとアリソンがうまくいくことになるとは思いませんでしたね。