ハンターハンター0巻にて、冨樫先生の衝撃コメント「幻影旅団・クラピカ全員死ぬ」というものがあるのご存知でしたか?

それが実行されつつあるのか?旅団メンバーは誰まで含むのか?

 

HUNTER×HUNTER 34巻以降のネタバレを含みますのでご注意ください。

 

 

HUNTER×HUNTER 34巻が発売され、ついに蜘蛛の足が欠け始めましたね。

あまりにあっけなく倒されてしまったメンバーにショックを受けたファンの方もいたはず・・・

ですが、旅団メンバーが死んでしまうことに関しては、以前から冨樫先生によって宣言されていました。

冨樫先生「クラピカも旅団も死ぬ」

劇場版「緋色の幻影」の公開時、劇場特典「ハンターハンター0巻」が配られました。

その中の冨樫先生との一問一答コーナでは、旅団とクラピカの今後について驚きのコメントがされていました。

Q 今後、クラピカは、幻影旅団はどうなるのでしょうか? 

A 全員死にます。

 

まさかの壮大なネタバレに、当時もハンターファンやネットで話題になっていましたね。

漫画を読んでいて、キャラの生死ってめちゃくちゃ大事な要素だと思うのですが、

それを壮大にネタバレしても面白い漫画をかけるという冨樫先生の自身なのかもしれません。

幻影旅団やクラピカのファン的には、冗談であって欲しいですよね。

 

「全員死ぬ」がいよいよ?


HUNTER×HUNTER 34巻では突然のヒソカVSクロロ そして旅団メンバーがヒソカに殺されてしまうという衝撃的な巻でしたね。

ハンターハンターは出るたびに衝撃的ですが、新大陸編と思いきや

いきなりシャルナーク・コルトピが欠けてしまうとは・・・

2人ともいいキャラしてたのにあっけなく瞬殺とは・・・

旅団全員死にます宣言がそろそろ実行に移されたのでしょうか。

クラピカにも死亡フラグ??

クラピカが緋の目担った時のみ発動される能力「絶対時間(エンペラータイム)」。

習得した能力であれば100%の威力、精度で使用することが出来る、すごいやつ。

ですがその能力の制約は、発動時1秒に1時間寿命が縮むという重いものでした。

王位継承戦・旅団との戦いにてクラピカの寿命が縮むことは間違いなし。

冨樫先生の「全員死ぬ」の恐怖が再び・・・