太る女 第8話【ネタバレ・感想】

華子を自分の手の元におき、さらに太らせ続ける華子・・・さらなる復讐を加速させます。
太る女 第8話【ネタバレ・感想】

家なし仕事なし、慣れないパブの仕事も前向きに頑張り、

新たな居場所を手に入れつつあった華子でしたが、

奈津美の手の内に自ら落ちてしまいます。

奈津美は、ひたすら華子に食べ物を与え太らせ続けます・・・



太る女 第8話【ネタバレ・感想】です。

太る女 第8話 あらすじ

さらに太る女へ・・・

奈津美の家で、ぼんやり過ごす華子。

辛いことを忘れるには食べて!と華子にひたすら食事を取らせ続けます。

そんな華子を突然、奈津美が拘束します。

奈津美の復讐開始

動けない、華子に、リビングのライブ映像を見せつけます。

リビングには華子の元婚約者、弘行が呼び出され訪ねてきました。

相談があると誘われやってきた弘行に、奈津美は食事とお酒をすすめます。

お酒に弱い弘行は、奈津美にすすめられ飲みすぎ、

さらに奈津美と体の関係を持ってしまいます。

目を覚ました弘行は戸惑いますが、

隣で裸で寝ている奈津美を見て、何か掛けるものを・・・

と探します。

部屋(華子が拘束されている)のドアに手を掛けると、すごい形相の奈津美がそれを阻止します。

奈津美の告白

弘行を返したあと、華子の元にきた奈津美はついに

華子に本性を表します。

弘行のことが好きだったのかと、尋ねる華子に

あんたの嫌がることがしたかったと奈津美は告げます。

奈津美は、華子に紹介された元彼「佐渡」についての恨みを語り、

それから復讐をしてきていたことを告げます。

同じ会社に入ったのもそのため。

弘行との破局の原因になったメモも奈津美、

ミスも奈津美、パブの売春も嘘、

そして家の火事、祖母の死も・・・



その事実を知り、もがき苦しむ華子

自分が奈津美に憎まれたから

おばあちゃんが死んだ・・・

その様子を見た奈津美は高笑いで

華子を見下します。

一方弘行の元へは・・・

一方、弘行の元には、パブのママが訪ねてきます。

突然の訪問者に驚く弘行ですが、

ママから華子が危ないと聞かされます。

太る女 第8話 感想

ついに奈津美の本性に気づいた華子ですが、もう奈津美の術中。

婚約者を寝取られ、仕事や家、祖母を失った原因が奈津美と、

奈津美に恨まれた自分のせいであることに気づきましたが・・・

奈津美にぶくぶくに太らされた体では床に転がり後悔することしかできません。

今までは、何があっても頑張ろうとしてきた華子ですが、

ついに絶望を見せます。

一方奈津美の嬉しそうなこと!

復讐され、全てを知った華子を奈津美はどうしてしまうのでしょうか・・・

そして、期待のパブのママも動き始めます。