ネタバレ「変えられない遺伝子」あらすじ・感想

整形して見た目は変えられても、遺伝子は変えられない・・・

「変えられない遺伝子」あらすじ

美人でスタイルもいい沙絵。

旦那もエリートでかっこよく、勝ち組!という感じです。

中学時代の同窓会に参加した紗絵。

1人の同級生が、整形したことを知ります。

声をかけられても誰だかわからないほどに変身していた美苗。

彼女は、同級生と結婚し、出産、その後顔と脂肪吸引を行い別人のように。

顔やスタイルが激変した美苗に、美苗の息子は慣れず、懐きません。

その様子を見て、沙絵は、猛烈に美苗を批判します。

「痩せるための努力もせず、すぐ整形するなんて!」

もともと綺麗でスタイルのいい沙絵からすると、

美苗の気持ちなどわかりません。

いくら努力しても綺麗になれない人もいる、

そう言い残し、美苗は帰ってしまいました。

それでも、整形って大嫌いという沙絵。

周りの友人たちは別にいいんじゃないかといいますが、

沙絵は絶対否定!

彼女たちの同級生に、もう一人整形した子がいました。

中三の頃に整形した「ゆかり」です。

ゆかりだって不自然だったと毒突く沙絵。

そのゆかりは同窓会にはきていませんでした。

そしてもう一人、同窓会を欠席している人がいました。

木根くんです。

木根キモ男と呼ばれていた、男です。

木根くんは、高校に入ってから両親が事故で死亡、親戚に引き取られていたそうです。

招待状は祖母に渡したそうですが、木根くんまで届いていないかも・・・

などと同級生たちが木根について話している中、沙絵は木根のことを思い出し、ブルーに・・・

木根くん・・・おぞましい顔、目・・・理由はないけど生理的に受け付けなかった・・・

いくら悪いと思っても、沙絵は木根くんに嫌悪感を持ってしまうのを止められなかったそうです。

中三の頃の沙絵。ある日、木根くんは沙絵に告白しようとしたのです。苦手な木根くんに近寄られ、つい突き飛ばしてしまった沙絵。

木根くんは目の上を切ってしまい、さらにクラスメイトから沙絵に何をしたんだといじめられることに・・・

私のせいで木根くんはいじめられた・・・そんな罪悪感に包まれます。

同窓会も終わり、家に戻るとストレッチにマッサージ、とドヂョクを怠らない沙絵。

そんな沙絵からしたら整形は邪道なのでしょう。

旦那の悟に同窓会で忘れられない男はいないのかと尋ねられる沙絵。

木根くんの顔がちらつきます。

悟以外にきになる男なんていない。その悟の体には、事故でできた傷があるのでした・・・

沙絵は妊娠し、産婦人科に通います。

そこで懐かしい人物に会います。

中学時代に整形していた「ゆかり」です。

ゆかりは中絶手術を受けていました。

生まれてきた子供が醜かったら整形がバレてしまう。。。

そんな、ゆかりを沙絵は批判します。

「遺伝子は変えられない、あんたは整形してもブスのまま!」

言い返してきたゆかりですが、突然鼻が裂け血が、沙絵に飛んできました。

木根くんの事故を思い出した沙絵は倒れてしまいます。

病院に運ばれた沙絵。

旦那から、ゆかりの鼻は整形のプロテーゼが飛び出してしまったらしい、

あまり医者の腕が良くなかったのかもね・・・

と説明を受けます。

そのまま産気づき、沙絵は出産します。

難産で出産後3日も意識を失います。

寄り添ってくれた悟に感謝し、悟が赤ちゃんを連れてくると

部屋を後にします。

1人になった沙絵は、赤ちゃんに殺されるような気がした・・・

と不吉な思いがよぎります。

疲れているせい、と自分がやつれていないか、

手鏡を探そうと悟のカバンに手を伸ばします。

悟のカバンには「木根サトル」当ての手紙が入っていました。

衝撃を受ける沙絵。

そこに悟が赤ちゃんを連れて帰ってきます。

見つかっちゃった・・・

悟は、実はあの木根くんだったのです。

事故で引き取られ名字が変わり、

両親の事故の保険金で整形していたのです。

あんなに不自然だと整形を否定していたのに見抜けなかったのかい?

どんな気分?生理的に受け付けない男に抱かれていた気分は?

その男の子供を一生育てていく気分は?

そんな鬼畜のような問いかけを沙絵に投げつける悟。

そして沙絵の脳裏に自分が発した一言が蘇ります。

「遺伝子は変えられない」

そう、悟に抱かれている赤ちゃんの顔は・・・