ネタバレ「隣の悪女」あらすじ・感想

彼女の隣の部屋に昔憧れだった美女が引っ越してきたら・・・一見恋愛漫画と思いきやサスペンス要素もあり目の離せない漫画、「隣の悪女」。隣の悪女、一式花音の目的は???

彼女の隣の部屋に昔憧れだった美女が引っ越してきたら・・・一見恋愛漫画と思いきやサスペンス要素もあり目の離せない漫画、「隣の悪女」。隣の悪女、一式花音の目的は???

 

隣の悪女 1話 あらすじ

勉学やバイトに励む、くそまじめ女子、鈴木亜里子。

そして、ちょっとふわふわした感じの男子佐藤桐太。

二人は大学4年生のカップルで、亜里子の部屋に半同棲状態。

ある日、引っ越した隣の住人がベランダに忘れていったトマトの鉢植えからトマトを取ろうとした桐太。

ところが、空き部屋だと思っていた隣の部屋には、美女が。

驚いて落っこちる桐太。

隣にいた女の子は、桐太が人生で一番惹かれた女の子

一色花音だったのです。

高校の同級生だった花音は、高嶺の花ながら、

桐太とは誕生日や血液型、好きなものなど共通点が多く

密かに親近感を持っていた桐太。

花音ちゃんからもっと話しかけて欲しいなぁ

などと思いながらも、2人の間には何も起こらず片思いのまま卒業したのでした。

そして大学で亜里子と出会います。

とにかく真面目な亜里子とふわふわした桐太。

正反対ながら、凸凹を補うように2人は付き合い始めました。

そして2年たち、花音のことは良き思い出となっていたところに、

まさかの再会となるとは・・・

隣の部屋から聞こえる物音にすら意識してしまう。

自分が寝ているところと壁を挟んで、花音が寝ているかもしれない。

翌日、イメチェンと称してボサボサだった髪や、服を整え、突然共有廊下の掃除を始める桐太。

隣の美女に会いたいのでは?と疑う亜里子に焦ります。

そこに通りかかった花音。その反応から自分が忘れられているようで

桐太はショックを受けます。

友人のケロッピーと飲む桐太。

花音の話などをしていると、ケロッピーは

「六本木心中」について相談があるのかと思ったと言います。

動揺する桐太。

KEEP Outのテープと、死体をかたどる線のイメージがフラッシュバックします。

亜里子のマンションに戻る桐太、

玄関前で花音に鉢合わせます。

唐揚げを作りすぎたから、と差し出されます。

また、花音が自分のことを覚えてくれていたことが判明。

そのことと、好物の唐揚げにはしゃぐ桐太。

ですが、亜里子の部屋では、飼っていた鳥のピーさんがいなくなり、

亜里子が必死に探しているのでした・・・

隣の悪女 2話 あらすじ

花音と何かと鉢合わせることが多く、

嬉しい桐太。

また、花音が有名画家であることも判明。

公園で鉢合わせた花音に、昔から好きだったとキスされます。

花音は憧れだったけど、自分には亜里子がいる。

きちんと桐太は断ります。

ある日、亜里子と外で朝ごはんを食べていた桐太。

花音もその店に現れ相席します。

仲のいい2人に不機嫌な亜里子でしたが、

欲しかった宝塚のチケットを花音がコネでとってくれ、

亜里子と花音2人で宝塚を見に行くことになります。

2人で出かける途中、花音は1件の家をさし

「ここ知ってる?」

と尋ねます。

半年前に起きた六本木一家心中の現場・・・

そう言われ真っ青になる亜里子・・・

 

宝塚の鑑賞を終えると衣装を着て撮影できるブースがあります。

自分なんかが、と気が引けている亜里子を花音が引っ張り、

メイクと衣装をすると亜里子も垢抜けた感じに・・・

すっかり花音にほだされた亜里子。

花音の彼氏は幸せだろうな、と花音に言います。

すると、花音は私は亜里子みたいな女の子が好き、

とありこに告げながら口付けます。