【ネタバレ】秘密のチャイハロ あらすじ・感想

「秘密のチャイハロ」チャイハロというチャイルドハローワークで働くことになる少女・愛川愛のストーリーです。ネタバレにご注意ください。

鈴木おさむ氏原作の漫画「秘密のチャイハロ」。

チャイハロという聞きなれない言葉ですが、チャイハロは「チャイルドハローワーク」の略です。

そのチャイハロで働くことになる少女・愛川愛のストーリーです。貧乏ゆえに学校や親戚からいじめられる愛はこdもにも仕事を紹介してくれるチャイハロで仕事をすることに。ネタバレにご注意ください。

秘密のチャイハロ 1巻 あらすじ

ビンボー小学生 愛

小学4年生の愛川愛は勉強もスポーツもトップレベル。

ですが家がビンボー。

テストで100点取っても、バスケで得点を決めまくっても、

クラスメイトのお嬢様3人組から貧乏ということでいじめられます。

愛が6着の服を毎日着まわしていることをわざわざ記録しバカにしたり、

母の手作りのアクセサリーを笑ったり、

挙句数少ない服に絵の具をつけられる始末。

そんな愛に優しくしてくれる人もいます。

最近学校に来た

華蘭先生

絵の具をかけられた愛に染抜きの洗剤をくれます。

愛は家に帰っても大変です。

家には愛のお母さんがいますが、お父さんは女を作って出て行ったのです。

愛のお母さんは、愛が4歳の時階段から落ちたのを庇ったことで

足を怪我、右足が動かなくなり病気がちに。

貧乏ながら、2人は支え合って生きていますが、

愛たちに家(物置)を貸している雪江がまたひどいのです。

雪江は愛の親戚ですが、名家の奥様。

愛たち親子を物置に住ませ、周りには不幸な親子を助ける優しい奥さんとしての顔を見せますが、

一方で、何かと嫌がらせをしたり、家賃を取り立てたりと親子をいたぶるのです。

そんな中、強く生きようとする愛ですが、

ある日お母さんが作ってくれたヘアピンをクラスメイトたちに踏みつけられ、

壊されてしまいます。

母の作ったヘアピンをバキバキに壊され、

泣いている愛の元に華蘭先生がやってきます。

「悔しいなら環境は自分でかえるしかない

かえたいと思うかい?」

そう愛に問いかけた華蘭先生に、

愛は力強くかえたいと答えます。

秘密のチャイハロ

華蘭先生は愛を図書館に連れてきます。

その図書館には秘密の扉があり、

そこには「秘密のチャイハロ」

が存在していたのです。

チャイハロはお金が欲しい子供達が働く

チャイルドハローワーク

というものでした。

まずは面接を受けることになりますが、

面接する社長の部屋からは悲鳴が・・・

面接に落ちたら、行方不明になる子供もいる・・・

そう言われた愛は、面接に落ちたらもうお母さんと一緒にいられなくなる・・・

と面接を拒否し逃げ出します。

無慈悲な雪江

愛が家に帰ると、雪江が母に土下座させていました。

止めに入る愛。

雪江は家賃も払えないのにこんなものを隠し持っているなんて・・・

と「手術費」と書かれた封筒を手にしています。

その封筒は、愛が母の手術台のために、とコツコツためたお金でした。

愛の母には、足が不自由なかわいそうな人でいてもらわないと困る

あなたたちは死ぬまで不幸のまま!

雪江は封筒から取り出したお金に火をつけ笑うのです。

その悔しさから愛はもう一度決意をし、チャイハロへ向かうのです。

秘密のチャイハロ 面接

再びチャイハロを訪れた愛は、決意を胸に面接に挑みます。

社長は龍羽努という若い男です。

第一面接は、愛の嫌いな食べ物「ゴーヤ」を食べること。

生のゴーヤ、しかも愛にとって嫌いなゴーヤを食べるのは過酷です。

全部食ったら3万やる、ゴーヤだと思うな諭吉だと思え

そういう社長の言葉に、決意した愛は吐きそうになりながらも

ゴーヤを完食します。

どうにかこらえて食べきった愛、

次の第二面接は今食べたものをここで吐け

というものでした。

俺と華蘭が見ている前で吐け!そうしたら100万。

葛藤する愛ですが、愛は吐くことを拒否します。

どんなものにも作ってくれた人がいる、

吐くことは絶対にしない!

たとえお金のためでも!

そう強く言う愛に社長は愛を合格と認めます。

どうにか合格した愛。これでお金が稼げると喜びます。

そしてチャイハロ1の稼ぎ頭、が愛のお世話係りとしてつくことになります。

強の通帳に5000万入っていることに気づきチャイハロに不安を抱きつつも、

自分で初めて3万稼げたことに心躍らせながら家に帰る愛。

ところが家には、また雪江が待っていたのです。

雪江は飼い犬のレオンが食べ散らかしたお弁当を食べるよう強要。

断るとお弁当を愛に向かってぶちまけ、そこに犬をけしかけ、家に閉じ込めます。

犬に襲われると焦る愛でしたが、レオンはご飯抜きにされたときに、愛に優しくされたことを覚えており、愛を傷つけることはありませんでした。

レオンも雪江から3日ご飯抜きにされたりと、あまり良い境遇ではなく、愛も心を痛めます。

チャイハロでの初仕事

愛にチャイハロでの初仕事が舞い込みます。

初仕事だから簡単という社長でしたが・・・

初仕事は、

木下梨子という10歳の少女と仲良くなり、

彼女の犬を処分する

というものでした。

報酬は10万円。

木下梨子の父親は事故で亡くなっており、愛と同じで貧乏でしたが、

母は金持ちとの再婚が決まりました。ですがその再婚相手が犬嫌いだったのです。

そしてチャイハロの存在を知った再婚相手が犬の処分を依頼したのです。

レオンとの交流もあり、そんな仕事はできないと

思い詰める愛でしたが、学校でクラスメイトにはめられ、クラスメイトのスマホを壊してしまいます。

その弁償として10万払えと言われる愛。

やむおえなく仕事を引き受けることに。

予定通り梨子と仲良くなり、愛犬リンゴを預かることになった愛。

リンゴをチャイハロにある焼却炉に処分しようとしますが、

やはりできずに、リンゴを隠します。

リンゴを隠したことで、梨子からは責められ嫌われてしまいます、

ショックを受けた愛は梨子に事情を話そうとしますが、何者かに連れ去られてしまいます。

連れて行かれた先には社長の姿。

仕事を放棄し、仕事内容を話そうとしたことから規約違反として責められます。

愛の行動はGPSと盗聴器で見張られていたのです。

処分を言い渡され、強にリンゴごと焼却炉に突き落とされてしまいます・・・