【ネタバレ】価値ゼロの女 あらすじ・感想

彼氏いない歴35年。ブスの自分には市場価値がないと、仕事を頑張ってきた女についに恋人が!だけど美人の友人と彼氏が顔を合わせ…

漫画 価値ゼロの女 あらすじと感想です。ネタバレにご注意ください。

彼氏いない歴35年。ブスの自分には市場価値がないと、資格を取り仕事を頑張ってきた女。美人の友人も年齢とともに市場価値が落ちてきてざまあみろ!

そんな価値ゼロの女にも恋人が!だけど美人の友人と彼氏が顔を合わせてしまい…

漫画 価値ゼロの女 あらすじと感想です。ネタバレにご注意ください。

価値ゼロの女 あらすじ

価値ゼロの女

早苗と真美は短大の同期で2人とも35歳。

真美は美人ですが男運がなく彼氏はいても結婚できず、さらに仕事も派遣。

早苗はブスで、自分の女としての市場価値をゼロと考え資格を取り薬剤師として働いています。

もう35歳だし、とあせる真美をまだ35、魅力的だし大丈夫と慰める一方、心の中では年をとり市場価値の下がってきた真美に対し、売れ残ったらみんな同じ!いずれは市場価値が、ゼロになる!と見下していました。

こんな顔じゃ結婚できない。1人で生きていけるよう、まじめに働く早苗。残業をしようとしていると、後輩の野村が残業をかわってくれました。

男性に優しくされ、少しワクワクしつつも誰にも優しいから、と自重しつつ帰路につきます。

途中でお弁当箱を忘れたことに気づき、職場に戻ります。

すると、野村が薬を横領しているところに出くわします。

警察に突き出すと言う早苗に野村は泣きつきます…

とことん価値ゼロ女

泣きつく野村に、私と結婚したら秘密にしてあげると言う早苗でしたが、野村は躊躇します。

私と結婚するより刑務所に入る方がマシってこと?!

怒った早苗でしたが、口止め料として睡眠薬を奪い、その場は見逃します。

短大の同級生の結婚パーティに誘われた真美と早苗。早苗は断ろうとしていましたが、エリートが来るからと真美に頼まれて参加することに。

エステにいく金がないから、自分を引き立てやくにするつもりだな…

実際真美はエリート商社マンから声をかけられデートの約束を取り付けます。

年を取ってもまだ、真美には価値がある。

悔しい気持ちを抱え鏡をみる早苗。

どうせ私は価値ゼロの女。ゼロにゼロをかけてもゼロ…

価値ゼロ女の春

そんな早苗にも春が訪れます。

早苗の職場に客として来た男性が、早苗に結婚パーティーにいたよね、と声をかけます。

その男性、山田は、早苗に声をかけようと思っていたから、再会できて嬉しいと連絡先を渡します。

そんな山田に一瞬頰をそめるも、塩対応する早苗。

自分みたいな女に声をかける男は、自分に自信がないから断らなさそうな私に声をかける…

どうせブスには選択肢はないと捻くれる早苗に、

後輩の野村が自虐的なのはよくないと諭します。

ドロボーのくせにと一瞥しますが、山田の名刺を手に期待してもいいかもと、一歩踏み出します。

山田とデートしてみて、ホッとできる相手と感じた早苗は山田と付き合うことに。

 

山田と付き合ってしばらく、

突然真美が早苗の家を訪れます。

真美は知り合ったエリートに振られてしまったのです。そこに山田も訪れて、真美と山田は楽しそうに話しだしました。

嫌な予感の早苗。

その日から山田の態度が冷たくなり、ある日真美から山田とのことを謝られます。

ちっともタイプじゃないし、安月給だけど優しくて頼れる。なにより自分には後がない。

そう涙する真美を早苗は自分は1人が性に合うと、笑顔で許します。

お祝いにワインをあけた早苗。

ですがそのワインには睡眠薬が入っていました。

爆睡してしまう真美…

真美と山田はめでたく結婚します。

それを見守る早苗。

幸せになってね、落とし甲斐があるから…

早苗のもとには、爆睡した時に撮った真美のあられもない姿の写真が。いつかこれを会社にばら撒こうと、虎視眈々と狙うのでした。