アニメ化も決まり注目のラノベ「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」。

転生系のラノベはもうお腹いっぱいって人も、このタイトルに興味を持った方は少なくないのでしょうか?

そんな「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」の登場人物をご紹介します。ネタバレありですのでご注意ください。

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった… 登場人物

カタリナ

クラエス家の令嬢。

女子高生だったが、事故で死亡してしまい自分が乙女ゲームの悪役令嬢「カタリナ」に転生してしまったことに気づく。乙女ゲームの中ではゲームの主人公であるヒロインや、攻略対象である男子キャラクターたちに意地悪をしまくり、「国外追放」か「死亡」するかの運命。

8歳で前世の記憶を取り戻すと、それまでコテコテのわがまま令嬢だった性格から、前世のさばけた人格に。また、国外追放や死亡エンド対策として、国外追放されても1人で生きていくよう農業に勤しんだりと突拍子のないことを始める。

そのため本来は嫌われまくるはずのカタリナだったが、ライバルになるはずの主人公や他のメインキャラクターたちと友情を育み、好意を寄せられるようになる。

悲惨な結末の回避のため、主人公の恋を応戦しようとするが自分に向けられる好意には無頓着で鈍感なところがある。

ジオルド・スティアート

一見さわやか王子キャラクターだが、中身は腹黒気味。王国の第3王子。攻略対象の1人。

本来のゲームルートでは、幼少期にカタリナがぶつかり、額に傷を作った責任を負わせるため無理やり婚約者におさまり、主人公とジオルドの仲に嫉妬した挙句に国外追放か返り討ちにあい死亡する結末が待っている。

カタリナが前世の記憶を取り戻したため、無理やり婚約を攻めることをせず、むしろ潔く自分の非を認め誤る。それを好感に思ったジオルドは逆に婚約を申し込む。

キース・クラエス

カタリナの義理の弟。魔力が強く、分家から引き取られカタリナの弟として迎えられる。攻略対象の1人。

本来のゲームルートでは、分家から引き取られるがカタリナやカタリナの母から冷たく扱われ、孤独な幼少時代を送る。その反動でチャラ男に。お色気担当キャラ。そんな孤独を主人公に癒され、恋に落ちるがカタリナは、公爵である弟に近く庶民の主人公が気に入らずに嫌がらせし、やはり国外追放か死亡が待っている。

カタリナが前世の記憶を取り戻したため、引き取られたジオルドは可愛がられる。(前世で弟が欲しかった&孤独にしないことでカタリナの結末回避)

カタリナの母はジオルドを愛人の子と誤解していたため、つめたく扱っていたが誤解も解き仲良し家族に。

結果、たまに気候に走る姉を諌めるしっかり者の優しい弟に。

アラン・スティアート

ジオルドの双子の弟。攻略対象の1人。

ニコル・アスカルト

宰相の子息。攻略対象の1人。

マリア・キャンベル

乙女ゲームの主人公。「平民」でありながら使えるものの少ない「光の魔力」を使うことのできる特別な少女。平民に魔力を持つものが生まれること自体が珍しく、そのためカタリナたちが通う魔法学園でも10年ぶりに入った平民であり、良くも悪くも注目を浴びている。

カタリナはマリアをよく思わない他の生徒たちからマリアを守ったり、マリアの作るお菓子を喜んで食べたりと交流を深めている。

悲惨な結末を防ぐため、カタリナはマリアの恋を積極的に応援しようと決めているが、マリアは攻略キャラクターに興味を示さず、むしろカタリナへの好感度を上げていくw

ソフィア・アスカルト

ニコルの妹で兄には溺愛されている。白い髪に赤い目のため周囲からは好奇の目で見られ育ち大人しい性格だったが、カタリナと仲良くなり明るい性格に。

カタリナとは前世からの友人だったがソフィアには前世の記憶はない。