ジブリの人気作品「もののけ姫」。

序盤に出てくる少女カヤとアシタカとの関係については気になる人も多いかと思います。
初めてもののけ姫を見たとき、兄さまとアシタカを呼びながらも、別れの際は恋人のようだったので不思議に思っていました。

そんなアシタカとサンの関係についてまとめました。

アシタカとカヤは兄弟でなく許婚

アシタカとカヤの関係は、兄弟ではなく「許婚」です。

カヤがアシタカを「兄さま」と読んでいたため、兄弟だと思っていた人もいるのではないでしょうか?もののけ姫のパンフレットには、アシタカたちの村では年上の男の子を「兄さま」と呼ぶ風習があること、2人の関係が許婚同士であることが書かれています。

実際の兄弟ではないものの、村の風習でそう呼んでいただけで、2人は血の繋がった兄弟ではないのです。

アシタカは呪いを受けなければ、エミシの村の長になるはずでした。そのためカヤも村の中の権力者の娘だったのかもしれません。

アシタカとカヤの間にはすでに子供が?

アシタカが村を出て行く時に「いつまでもお慕い申し上げます」と、黒曜石のナイフをアシタカに手渡すシーンがあります。

このシーンはカヤが他の人と生涯恋をしないという証をアシタカに手渡し、
貞操を守るという宣言をアシタカにしているそうです。

=2人はすでに人目を阻んで結ばれている

ということらしいです。

 実はこの、村の出口でカヤに呼び止められるシーンというのは、そういう意味ではないんですよね。ここでの描写は、全て“象徴”に過ぎないんですよ。  ここが『もののけ姫』を作る時に宮崎駿が取った「必要なことは全て描くけども、わかるようには描かない」という部分なんですね。

紛らわしい・・・

そのため、カヤのお腹の中には、すでにアシタカとの子供が宿っており、カヤもアシタカを引き止めたり、自分もついて行くなどわがままも言わずに見送っているのです・・。

それにしてもアシタカ、ムカつくなw

アシタカといえばジブリでも指折りのイケメンですが、女性陣からは「ムカつく」「嫌い」との意見も多いですよねw

それは、カヤにナイフをもらった後「私もだ。いつまでもカヤを思おう」といったにもかかわらずサンにナイフをあげたこと、呪いが解けた後も村のカヤの元に帰らなかったことです。

ですがアシタカは、この物語の後、村に帰ることは許されていなかったのかと思います。

呪いを受け掟により、村を追い出されたアシタカ。

呪いが解けたといえども、一度穢れを受けたものが村に帰ることは許されなかったと考えられます。

アシタカは「私もだ。いつまでもカヤを思おう」と言いながらも2度とカヤとは会えないことはわかっていた上で、カヤの気持ちを思ってそういったのでしょう。

しかし、村を出て、村には2度と帰れず・・・カヤにも2度と会えない。であれば新しい恋をするのも仕方ないのかもしれませんね。しかしアシタカ、ムカつきますね。

 

関連キーワード