Dr.STONE(ドクターストーン)のメインキャラクターの1人霊長類最強の高校生「獅子王司」

味方になっていた時は心強い司でしたが、敵になってからは厄介な相手でした。

そんな「司」ですが、最新話では死ぬ寸前でかろうじてコールドスリープされていると言うのです。

最強の男、司に死の危機が訪れるとは、なにがおこったのでしょうか。コールドスリープ、あの壊滅した世界で可能なのだろうか???ちゃんとコールドスリープから復活を果たせるのか?のまとめと考察になります。

本編のネタバレになりますのでご注意ください。

【ドクターストーン】獅子王司が死亡?

人類最強の高校生「獅子王司」

ライオンを素手で倒したり、ボウガンを素手でキャッチしたりと、殺しても死なないと言う言葉の似合う男でしたが、なぜ死の危機に面したのでしょうか?

司と千空達は、考え方の違いから決別します。

そして千空は人類の生き残りの子孫である「石神村」の面々と手をくみ、司が選んで復活させた復活者達との戦いに挑みます。

ですが千空達はあくまで、人を殺さずに解決しようとしていました。

司を手にかけたのは、司の味方であると思われた司王国のNO2「氷月(ひょうが)」でした。

司と千空は戦いの末、停戦を結ぶことになります。

その停戦の交換条件として、千空は司の寝たきりになっていた妹を回復させることを提示します。

司も千空を信用し、妹の復活にかけます。

長年寝たきりとなっていた司の妹でしたが、石化復活の際に起こる修復能力により、無事に意識を取り戻した状態で石化から復活するのです。

妹復活で全てが丸く収まるのでは?と
思いきや・・・

いつもはスキを見せなかった司ですが、氷月は突然妹めがけて槍で攻撃をします。

妹をかばい刺されてしまう司。

氷月は、司に近い理念を持っており、石化現象を間引きと言います。しかし司は既得権益を振りかざすような大人を排除し、「人が人に奪われない理想郷」を目標としていました。

一方の氷月は「優れた人間のみを生かすべき」と言う選民思想を持っていたのです。

噛み合わない意見を持った氷月は、司を撃つスキを狙っていたのです。

その後、千空の科学のタックで氷月を捉えることに成功しますが、司は虫の息、数日の命となってしまったのです。

【ドクターストーン】獅子王司ギリギリでコールドスリープに・・・

氷月による攻撃で虫の息の司、千空は助かる道は1つと提示します。

それが「コールドスリープ」です。

司を一度冷凍して保存、その間に千空達は「石化の謎」を突き止め、石化させる技術を手に入れる計画です。

そして石化解除の際の修復能力で、無事に傷が癒えた状態で復活できる・・・と言う石化現象を利用して司を復活させると言うのです。

「コールドスリープ」のために千空達は冷凍庫を作ります。とはいえただの簡易的な冷凍庫、本来なら「コールドスリープ」がただ凍らすだけでできるとは思いません。

そもそもSFではよく聞く「コールドスリープ」ですが、まだ2019年の現在でも確立していない技術です。

千空は石化復活時の修復能力に期待して、一か八かの橋を渡っているようにも見えます。

それでも千空を信じてコールドスリープを受け入れた司。一時は敵になったものの、お互いを信用していることがうかがえる熱いストーリーでした・・・

【ドクターストーン】獅子王司復活はいつ?

とりあえず冷凍されコールドスリープになった司。その間りは妹の未来が引き受けます。

石化現象を探るため、千空達は南米への渡航を決め準備を進めます。

そしてそのための船ができるためには、1年以上を要しています。

あんなただの冷凍で司大丈夫?とハラハラしますが、未来による管理はまだ続いており、とりあえずコールドスリープ状態を保っているようです。

南米を目指して船を進める千空達でしたが、その前に石神村の始祖・白夜達が住んでいた島へ上陸します。

実はその島には石神村の人々とは別に、白夜達の子孫が生活していました。その中には、石化を行うことができる者がいたのです。千空達は石化能力を奪おうと、奮闘します。

【ドクターストーン】最強の敵「獅子王司」死亡?コールドスリープ?まとめ

以上、司の死やコールドスリープについてまとめ・考察しました。

現在、手に入れようとしている石化を行う道具が手に入れば、一度司のものに戻り、司を復活させることができるかもしれません。当初は南米に行って帰ってこなくては司の復活はないのかと思っていましたが、もしかしたら案外早く復活してくれるかもしれませんね。