ネタバレ「おひとり様のお気楽地獄」 あらすじと感想

漫画「おひとり様のお気楽地獄」。同じくアラサー独身の私にはドキッとするタイトル。お気楽実家ぐらしの主人公でしたが母親が急になくってしまい・・・

著)青菜ぱせり 「おひとり様のお気楽地獄 」のネタバレ有りのあらすじと感想です。

ハケン社員の私は気楽な実家ぐらし。家事は母と弟のお嫁さんにお任せで、生活費はぜんぶ自分のこづかいと独身生活を楽しんでいたのに、母が亡くなったとたん弟が手のひら返しを…!?私は邪魔者だったの!?

おひとり様のお気楽地獄 あらすじ

派遣社員の沙耶。

弟夫婦と二世帯住宅で母親と暮らしています。

朝は母に起こされ、義理の妹にお弁当を作ってもらう。
かわいい甥っ子と姪っ子、年一回の海外旅行、
仕事から帰ればお風呂と手料理が用意されている♪

家族がいるから将来も安心♪

と幸せを感じていました。

まさに優雅な独身生活!

 

30近い派遣社員の沙耶は、派遣会社の人から35を過ぎるとなかなか仕事がないと言われます。

結婚するか正社員を探したほうがいい。

でも今更正社員探すなんて疲れるし、
結婚する相手もいない。

今のままの生活は続かないの?
母に相談すると

「結婚しないといけないわけじゃない」

「老後見てくれる娘がいると安心」

今のままでいいと言ってくれます。

一安心する沙耶でしたが、頼りにしていた母が脳梗塞で急に亡くなってしまいます。

というか沙耶は老後の世話できたのだろうか・・・

母が亡くなり悲しみにくれる沙耶。

弟夫婦は沙耶に変わり、各種手続きに追われ忙しそうなのに・・・。

仕事に復帰しても身が入らず、家事もしないので弟世帯に入り浸り。

そんな姉についに弟がキレます。

弟の嫁は新たに妊娠してより大変な時、さらに二世帯のローンも全く払っていない沙耶に出て行けという弟。

厳しく言われ、自分は家族だと思っていたのに邪魔者だったんだとショックを受けます。

弟の怒りは妥当よね。。。むしろ嫁と子供を守るため当然

そんな中、弟の嫁が切迫流産の危険で入院することに。

弟からはきつく言い過ぎたことを謝られ、家のことや甥と姪の送迎などを頼られます。

頼られ得意になる沙耶。

ところが当然のごとく家事なんてまともにできない沙耶。

料理も洗濯も散々。子供達の相手もしんどい。

今までのようにゆっくりなんてできない。

速攻限界を感じた沙耶は早々に会社を辞めてしまいます。

母が死んでから
何もかもが変わってしまった

私の味方は一人もいなくなり
仕事も失った

とりあえず子供達の面倒を見る沙耶でしたが、作ったご飯をダメにされつい「どっかいって」と怒ってしまいます。

一息ついて落ち着いた沙耶が気づくと子供達の姿がない!

さすがに慌てる沙耶。

パニックになり探し回るもいない・・・

弟に連絡し、警察にも電話。

二人はママに会いに行こうとしたところを無事に警察に保護されていました。

子供達が無事でよかった・・・

子供に当たってしまったことを反省した沙耶。

同時に自分の情けなさに気づきます。

わたし
してもらうことばかり

自分がすべきことをせずに、面倒を押し付けていたくせに、
家族なんて思ってもらえなくて当然だ。

母が死んで初めて気づいたのだ
家族は自分で作るもの

誰も与えてはくれないのだ

反省した沙耶は義理の妹に謝ります。

そして1ヶ月後ーー
無事に義理の妹も退院し、
沙耶は資格を取り正社員を目指し頑張り始めたのです。

母の死を通して、してもらうばかりだった自分に気づいた沙耶。
お気楽からの第一歩を歩み始めましたね

 

おひとり様のお気楽地獄 感想

お母さんに甘やかされ、お気楽な主人公。最後は反省して行動に移したことで救いのある漫画でしたね!

しかし弟と嫁がしっかりしていてよかった。弟にとって沙耶は反面教師だったのかもしれませんね。

実家に帰り両親と過ごすと、子供気分になってしまうので、毎日実家にいたら沙耶みたいになってしまうかもしれませんw